×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

RANKING

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

花粉の時期

花粉の季節がやってきましたね!
花粉症の方はとても辛い時期ですよね!

今や国民の4人に1人が発祥しているという花粉症。
花粉症の原因植物には樹木と草本があり、日本では約60種類もあるとされています。
主なものとしては、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカンバ、ハンノキなどがあります。
本州、四国、九州では、一番の原因植物はスギとヒノキです。スギやヒノキの花粉は、大量に風にのって数十キロも飛んでくるので、どこにいても花粉症対策をしっかり行うことが大切です。

花粉症の対策としましては・・・
①外出時の対策は、マスク・メガネは、必須アイテムです。帽子やスカーフなどを使用すると、更に効果がアップします。コートは、花粉が付きにくい表面がツルツルしたものを着用しましょう。帰宅したら、玄関前で服等に付いた花粉をしっかり掃って、家の中に入ってください。その後、すぐ着替え、顔を洗い、うがいをするとよいそうです。
花粉を家の中に持ち込まないよう、心がけましょう。

②家の中での対策は、窓やドアの開閉を極力少なくすることで、花粉の侵入を減らすことが出来ます。しかし、どんなに努力しても花粉は入ってきてしまう為、掃除をこまめにしてください。
布団や洗濯物は、極力、外に干さない様にしましょう。干す時は、花粉の飛散が少ない午前中に取り込むようにし、花粉を叩いて落としてから取り込んでください。

③鼻うがい!
鼻がムズムズする、鼻水が止まらないという人には、鼻うがいがお奨めです。
一度沸騰させて、人肌位の温度に冷ましたお湯1ℓに、小さじ1杯半(9g)の塩を入れて洗浄液を作ります。
鼻うがいの方法は、いろいろありますが、100均等で購入出来る、ドレッシングボトルを利用するのが簡単です。洋服や床が濡れない様に、タオル等を準備しておきましょう。
ドレッシングボトルに洗浄液を入れます。少し下を向き、片方の鼻を指で押さえたら、もう片方の鼻の中にドレッシングボトルのノズルを入れ、「えー」と声を出しながら、洗浄液を注入してください。声を出しながら行うことで、むせることなく、洗浄液が口から出てきます。これを左右交互で、3~5回繰り返しましょう。
途中、洗浄液を飲み込んでしまっても害はありませんが、洗浄中に飲み込む動作をすると、ごくまれに中耳炎になることがあるので、気を付けてください。最後に、鼻を軽くかむと、奥の方に溜まっているものが出やすくなり、スッキリします。

 
④就寝前
鼻がつまって眠れずに、日中、眠気が襲ってくることがあると思います。睡眠時は、副交感神経が活発になり、鼻水の量が増えるので、鼻がつまって眠れないのです。
その為、症状がひどくて眠れない時は、頭を高くして眠ると改善します。

このような対策をして、辛い季節を乗り越えましょう!!

2018-03-15 10:21:26

コメント(0)

折りたたむ

会社行事

今年は12月22日(金)に「年忘れファミリーパーティー」を行います。
こちらは毎年行っておりますが、他の行事と違い参加者は社員だけでなく家族も招待しております。
今年は3人の社員が結婚し、奥様達が初参加となります。
益々賑やかになって楽しみです。

2017-12-19 11:54:44

コメント(0)

折りたたむ

秋祭り

先日、今度は秋祭りに参加してきました。

私がうかがったのは、西条祭りと新居浜太鼓祭り。
地元による地元のためのお祭りだそうです。
あいにくの天気でしたが、かなりの盛り上がりでした。

新居浜太鼓祭りは、太鼓台と呼ばれる絢爛豪華な山車がたくさん出てました。
男祭り、ケンカ祭りともいわれてるそうです。
というのも山車同士をぶつけて、太鼓が壊れると負けという、激しいバトルが繰り広げられるとか。



旅程の関係上、そこまで激しいのは見れませんでしたが、山車が揺れると上の人が落とされそうな迫力でした。

西条祭りは、100台近くのだんじりが、夜通し練り歩くお祭りでした。
学校も休みになったり、10月のお祭りに合わせて11月から10月のカレンダーが発売されているなど、
地元の方の力の入れようがすごいです。
こちらも雨で、びっしょりになりながら担いでいました。

天気のいい時に、再度参加したいです!


 

2017-10-31 10:03:01

コメント(0)

折りたたむ

ハロウィン

近年、日本でも10月になるとハロウィンを楽しむ人が増えてきましたね。
このハロウィン、元はどんなお祭りがご存知ですか?

ハロウィンの歴史は2000年以上も前に遡ります。
古代ケルト人達のドルイド教という信仰では、11月1日のサウィン祭から、新しい1年が始まると考えられていました。
そしてこの新しい年は、前日の日没から始まると考えられていたため、11月1日の前の日である10月31日の夜から祭りは始まります。

ケルト人は、1年の終わりである10月31日の夜は、死者の霊が家族を訪ねてくると信じていました。
しかし、それと同時に悪い魔女や精霊が出てくると信じていたため、身を守るために仮面を被ったり、魔除けのためにかがり火を焚いたりしました。

ハロウィンはキリスト教の「万聖節」の前夜祭を意味します。
「万聖節」とは、毎年11月1日に全ての聖人と殉教者を記念する日のことです。
ここで疑問を持たれると思いますが、起源は古代ケルト人が信仰していたドルイド教だったのに、なぜ現在ではキリスト教になってしまったのでしょう?
これは、2000年以上の長い歴史の中で、時の権力者の移り変わりやキリスト教の伝播などが影響しています。
古代ケルトから古代ローマへ、そして古代ローマからキリスト教へと移り変わる中で、儀式の融合や領土を支配するための戦略のため、統合などをしてきて今現在の形があります。

ハロウィンといえば、仮装した子供達が「トリック オア トリート!(何かくれないといたずらするぞ!)」と言いながら、家々を回ってお菓子を集めるのが有名です。
この習慣の由来は色々とありますが、古代ケルトのサウィン祭では、町を徘徊する悪い霊が家に入らないようにするため、家の外に食べ物とワインを供えて、家の中に入ってこないようにしたことが由来だと言われています。

本来のハロウィンは、キリスト教やケルト文化によって生まれた宗教的な意味のある行事ですが、日本で行われるハロウィンは、完全に娯楽の要素が強いものになっています。
ですので、日本でのハロウィンの受け入れ方は、クリスマスと同様に宗教的なものよりも、季節のイベントのひとつとして受け入れている人が多いのかと思います!

日本でも盛り上がりを見せているハロウィン!
皆様はどのようにお過ごしになりますか?
この機会に仮装してみてはいかがですか??

2017-10-23 12:00:08

コメント(0)

折りたたむ

9/29

本日9月29日は招き猫の日です。
招き猫をこよなく愛する人たちの団体、「日本招猫倶楽部」が1995年に制定した記念日です。
「いつも手を挙げて、私たち人間に福を招いてくれる『招き猫』に一年に一度くらいは感謝する日があってもいいのではないか」という思いから、制定されました。
「9月29日」が選ばれたのは、来る(9)ふ(2)く(9)の語呂合わせからだそうです。

招き猫には、右手を挙げているものと左手を挙げているものがありますね。
それぞれ「商売繁盛」(右手)、「千客万来」(左手)とご利益が異なります。
「じゃあ、両手を挙げていたら、1体でふたつのご利益があるんだ!」のかと思いきや、
両手を挙げた招き猫は、欲張りすぎて「お手上げ状態になる」と言われ、あまり人気がないようです。何事も、ほどほどにした方が良いですね・・・。

実は招き猫には様々な色があって、色によってもご利益が異なるみたいです!!!
金:金運アップ
黒:魔除け、厄除け
赤:病除け
青:学業向上
緑:交通安全、家内安全
ピンク:恋愛
さて、皆様はどの色を選びますか?くれぐれも全部そろえて「お手上げ状態」にならないようご注意を・・・。

そんな「招き猫の日」、招き猫に感謝の気持ちで過ごしてみてはいかがでしょうか!

 

2017-09-29 09:44:53

コメント(0)

折りたたむ

金木犀

こんにちは。

ここ2、3日で金木犀が香るようになりました。
毎年この時期は、金木犀の香りで癒されております。

今年も秋がやってきたな~と感じます。

みなさんの周りはいかがでしょうか?
最近は金木犀を植えているお宅も減ってきているんでしょうか?

季節を感じられる香り、いつまでも残って欲しいものです。。。

2017-09-27 13:12:48

コメント(0)

折りたたむ

ブログはじめました

ブログをはじめることにしました!
お客様とのコミュニケーションにつながればいいなぁと思っています。
また、複数人で担当しますので、それぞれの個性が出るかと思います。。。
よろしくお願いいたします!

さて皆さんは今年の夏はどのように過ごされましたか?!
私は、門前仲町の深川八幡祭りと、秋田は西馬音内(にしもない)の盆踊りに行ってきました。

深川八幡祭りは水掛け祭りと言われるだけあって、水をかける量が半端じゃありませんでした!
お神輿の担ぎ手はもれなくびっしょりです。



そして見物客もそれなりに、かかります。
濡れながらもかなり熱く盛り上がっていました!次回は担いでみたいです!


それから、秋田の西馬音内盆踊りですが、こちらは日本三大盆踊りの1つだそうです。
こちらはうってかわって静かなお祭り




理由はわかりませんが、全員顔を隠しています。
衣装は2パターンありましたが、老若男女、同じ衣装です。
謎に満ちていました。。。


来年は、富山のお祭りに行きたいと思っています!




 

2017-09-08 16:41:33

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1

CONTACT

お問い合わせ

当社へのご相談やご意見・ご質問につきましては、お電話・メールフォームよりお受けしております。
お気軽にお問い合わせください

TEL : 03-6261-3740

メールでのお問い合わせ